サポート

トラブルシューティング

ハイパー1G・エクセレント300Mクラスで速度があまり出ない【光サービス】

通信関係(インターネット)

記載の速度は技術規格上の最大値であり、実使用速度を示すものではありません(ベストエフォート型サービス)。また、接続機器の規格や設定、パソコンの性能、ウイルス対策ソフトの動作状況などにより、100Mbpsを超える高速ブロードバンドサービスの場合、様々な要因で通信速度が低下することがあります。また、速度測定を行う際は、D-ONUと測定するパソコンを直結(ルーターを挟まない)した状態で測定することで、原因の切り分けがしやすくなります。

<代表例>

  1. ブロードバンドルーターの規格や性能の問題
    お手元のブロードバンドルーターのスループット(処理性能)をご確認ください。また、ルーターのLANケーブルを接続するポートも1000BASE-Tという規格に準拠していなければ、100Mbpsを超える速度が出ません。
  2. 速度測定サイトの問題
    ネット上の速度測定サイトの多くは、1Gpbsの速度測定に対応しておりません。当社の速度測定サイトは、1Gbpsの速度測定に対応しております。
    http://speedtest.ctt.ne.jp/
  3. パソコンの問題①
    パソコンのLANケーブルを接続するポートは、1000BASE-Tという規格に準拠している必要があります。 100Mbpsを超える速度が出ない場合、お使いの機器(パソコンなど)のLANポートのいずれかが1000BASE-T規格に対応していない可能性があります。
  4. パソコンの問題②
    お使いのパソコンが古いモデルの場合、最新機種に比べて CPUの処理速度やメモリ容量が劣っているため、速度が出なくなります。
  5. 接続方式(無線)による問題
    無線接続の場合は、無線の通信速度(規格や電波状態)により、期待した速度が出ない場合があります。
  6. ネットワーク上のトラフィックによる問題
    パソコンからインターネットのサーバの間で、どこか混雑しているところがあると、速度が低下する場合があります。
  7. ホームページのトラフィックによる問題
    見ているホームページにたくさんユーザーが1度に集まると、ホームページの表示や速度が遅くなる場合があります。
  8. その他の問題
    LANボードのハード故障、ドライバーの問題、LANケーブルの破損や規格の問題、ウイルス感染等様々あります。