コミュニティチャンネル

防災スイッチON!とやま

番組内容

「大雪対策 スタックと立往生への備え」(2022年11月26日~12月2日)

放送日時

第4土曜~金曜 8:45/13:45/18:45/20:45

 

221126防災画像 (1).jpg

11月26日からの放送は、

「大雪対策 スタックと立往生への備え」

あなたの防災スイッチ、ON!

今シーズンの雪の見通しは?

221126防災画像 (3).jpg221126防災画像 (4).jpg221126防災画像 (5).jpg221126防災画像 (2).jpg

記憶に新しい2021年の

北陸地方が見舞われた記録的大雪。

わたしたちの生活に

さまざまな影響を及ぼしました。

今シーズンの雪の降り方は

どうなのでしょうか?

富山地方気象台を訪ねました。

気象庁によりますと、

今シーズンは引き続き

南米・ペルー沖の海面水温が

平年より低くなる「ラニーニャ現象」の

影響を受け、

偏西風が日本付近で南に蛇行することで

寒気が流れ込みやすいということです。

冬型の気圧配置が強い傾向で、

気温は平年並みか平年より低く

降雪量は平年並みか平年より多い見込みです。

気象庁では、

「早期注意情報」を提供していて、

大雪などが警報級となる可能性が2段階で

5日先まで発表されます。

[高]や[中]が発表されたときは、

災害への心構えを高めてください。

この「早期注意情報」は、

気象庁のHPからも確認することができます。

富山地方気象台 気象情報官

大江幸治さん

近年、大雪だった年もあるので、

 また同じような降り方になる可能性も。

 早い時期の積雪や大雪もあるかと

 思いますので、

 最新の気象情報に留意して、

 早めの備えを心がけてもらいたい

 と思います。

スタックや立往生に巻き込まれたら

221126防災画像 (6).jpg

大雪の際にリスクが高まるのが

スタックや立往生のリスク。

車社会の富山ではたびたび発生しています。

そこで万が一のときの対応などについて

JAF(日本自動車連盟)富山支部の

林宏二さんにお話を伺いました。

雪道で身動きがとれなくなったら

221126防災画像 (7).jpg221126防災画像 (8).jpg221126防災画像 (9).jpg221126防災画像 (10).jpg221126防災画像 (11).jpg221126防災画像 (12).jpg

身動きがとれなくなったら

次の行動をとってください。

①後続車に警戒する

ハザードランプの点灯や

三角停止板の設置をしてください。

②車を前後に動かしてみる

③砂や毛布を脱出に

駆動するタイヤの

両輪の進行方向に砂をまきます。

毛布も同じ要領で設置します。

毛布がない場合は

車のフロアマットでも代用可能です。

④救助を呼ぶ

脱出を試みても身動きが取れない場合は、

直ちに道路緊急ダイヤル(#9910)や

JAF(#8139)などの

ロードサービスに助けを求めてください。

一酸化炭素中毒に注意!

221126防災画像 (14).jpg

助けを待つ間注意したいのが、

車内での一酸化炭素中毒です。

排気ガスには一酸化炭素が含まれています。

JAFが行った実験によると、

ボンネットの上まで雪に覆われた状態で、

空調は外気を取り入れる設定で

エンジンをかけると...

車内の一酸化炭素濃度が

16分には人体に危険なレベルになりました。

また、救助を待つ間、

特にマフラーの周りを重点的に除雪するのが

ポイントです。

吹雪などの時に車内にとどまる場合は、

できるだけエンジンを切るようにしてください。

事前に準備できることは?

221126防災画像 (16).jpg 221126防災画像 (17).jpg

これからの時期

車に積んでおくものを確認しておきましょう。

寒さをしのぐものとして

「毛布」や「防寒着」「使い捨てカイロ」

雪かきに必要な

「スコップ」「防水の作業用手袋」「長靴」。

「携帯用トイレや」、「飲み物」、「食べ物」

脱出用の「砂」「懐中電灯」などです。

その他にも、

車の燃料は意識的に満タンにしておく、

冬用タイヤへの交換も忘れずに!

 JAF富山支部 林宏二さん 

これから雪の降る機会が増えてきます。

 普段より慎重に運転していただく

 必要があるので、

 車間距離を多めにとる

 スピードをいつもより落とすということを

 しっかりしていただいて、

 安全運転につとめていただけたらと思います。

 今から準備していただければ

 十分間に合いますので、

 余裕をもった準備をお願いします。」

スイッチON!プラス 防災グッズを車に!日本海電業"雪プロ"

221126防災画像 (21).jpg221126防災画像 (19).jpg221126防災画像 (20).jpg221126防災画像 (22).jpg

魚津市の日本海電業がこのほど開発した

自動車に積むタイプの防災グッズ「雪プロ」。

非常時に役立つものが

カバンにまとめられています。

防災士の資格をもつ

新入社員の池田亜摘さんが開発しました。

中に入っているものは...

7年保存ができる水とクッキー

手回しで発電できる携帯電話の充電器、

5年間保存がきくというカイロや

ウエットティッシュ、

防寒に役立つアルミシートなど、

池田さんおすすめのアイテム

合わせて12点が入っています。

雪プロは受注販売のみとなっているということで

詳しくは、日本海電業にお問い合わせください。

YouTubeでも配信中!

ケーブルテレビ富山のYouTubeチャンネルでも、番組を配信予定!
ぜひチェックしてください!!

「大雪対策 スタックと立往生への備え」

「防災グッズを車に! 日本海電業"雪プロ"」

メッセージ募集中

地域の防災の取り組みや

身の回りの防災にまつわるお困りごとなど

こちらからメッセージをお寄せください!!



視聴者プレゼント

視聴者プレゼント

221126防災画像 (23).jpg

雪プロ 

ミニ


5名様

応募要項

・お名前
・ご住所
・お電話番号
・身の回りの防災にまつわる取り組みやお困りごと、番組の感想など

以上を明記の上、ハガキまたは応募フォームからご応募ください。

はがきの場合

以下宛先へお送りください。

〒930-0004
富山市桜橋通り3-1 富山電気ビル
ケーブルテレビ富山 「防災スイッチON!とやま」宛

応募締め切り

12月23日(金)当日消印有効

バックナンバー